自分の家を持ちたいけれども中々自分の家を持つことが出来なくて悔しい思いをしている人もたくさんいると思います。

また、自分の土地をたくさん持っており、遊休地になっているという人も中にはいると思います。

そんな遊休地を持っている人にちょっとした情報をお話したいと思います。

遊休地というのは、何も使っていない土地のことなのですが、この遊休地を活用すると相続税や固定資産税などの節税効果を生むことが出来るそうなのです。

日本の税制は、マンションやアパートなどの賃貸住宅を遊休地に建設すると固定資産税がなんと!!通常の6分の1にまで下がってしまうのです。

これは、東京都の場合なので、場所によって違ってきます。

遊休地の固定資産税が減税するだけじゃなくて、建築資金を銀行から借金することで、相続税も減税することが出来ちゃうのです。

遊休地を活用することは、何も節税効果だけを狙ったものじゃなくて、当然のことですが、その事業から収益を得ることも考えると思います。

しかし、一般的に事業のリスクが低ければ収益も低くなりますし、最初の投資が大きく、事業のリスクが高いほど収益も大きくなるのです。

遊休地活用で一番人気があるものは、アパート経営であり、節税対策も出来ますし、安定して事業収入が見込めるからだそうです。